JA秋田たかのす

JA秋田たかのすの紹介

組合長あいさつ

代表理事組合長 小笠原 隆志

秋田たかのす農業協同組合
代表理事組合長 小笠原 隆志

組合員ならびに地域の皆様におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。また、平素よりJA秋田たかのすの各事業に対しまして格別のご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

このたび、代表理事組合長に選任いただき、身に余る光栄であると同時に、その重責を全うするため身を粉にする覚悟でございます。

さて、JAを取り巻く環境が依然として厳しいなか、昨年までは少子高齢化・農業人口の減少・米の生産調整の見直し・低金利政策などが大きな問題点でしたが、今年はそれに加え、新型コロナウイルス感染拡大により経済に甚大な影響を及ぼしております。イベントの中止、学校の臨時休校、飲食店の営業自粛、オリンピック・パラリンピックの延期などで景気の低迷が続いており、先行きが見通せない状態です。これから米・野菜の需要がどのように変動し、当JA事業にもこの先どのくらいの影響が出てくるのか注視しなければならないと考えております。

しかしながら、このような時こそ農業の重要性が発揮される時ではないでしょうか。「農業の生産力を高める」、「農業所得を向上させる」、「地域の農業を発展させる」ことはJAの重要な使命であります。今こそ食料の生産と供給が重要になることから、組合員や地域の皆様のご意見を踏まえた対策を講じ、この難局を乗り越えていく所存です。

私が目指すJAは、「地域農業の振興」と「地域住民に必要とされるJA」です。

米はもちろんですが、園芸重点作物を中心に農業収入の向上を目指します。それには営農指導の重要性が挙げられます。JA本来の姿である農家に出向き、お話を伺い、農家に寄り添い、問題点を把握・指導・助言を行うことで農家の生産意欲を高め、JAでは少しでも高値で販売できるよう農業収入の向上に努めて参ります。また、労働力不足や担い手不足解消のため、農業後継者の育成・支援にも力を注ぎ、農業を魅力的な職業として地域に発信できるよう努めて参ります。

次に、地域住民に愛されるJAは地域住民の拠り所でもなければなりません。その実現には現場の職員が重要であり、職員が意欲的に仕事を出来るようにするために改善点を見つけて改善策を講じて参りたいと考えております。また、農業後継者の育成にも全力を尽くし取り組んでいく所存です。

厳しい農業情勢ではございますが、地域の皆様に信頼され、この北秋田地域に必要とされるJAを目指し、役職員一丸となって事業に取り組んで参りますので、なお一層のお力添えをお願い申し上げ、就任のご挨拶といたします。

管内紹介

位置

北秋田市と上小阿仁村は地理的には秋田県の北部中央に位置し、南北に長い地形をしております。古くから交通の要衝(羽州街道)として繁栄し、鷹巣は角館に続く秋田内陸縦貫鉄道の北の始発駅であり、また、国・県の出先機関や指導機関が多く、県北地区の行政・経済・文化の中心地として発展してきました。近年は、大館能代空港や日本海沿岸東北自動車道の整備により全国各地とつながり、交流と連携を促進する秋田県の北の入り口として位置づけられています。

自然

北秋田地区の米代川とこれに合流する中小河川の周辺は、古くから肥沃な耕地をなし稲作とともに発展してきました。気候は、内陸性で年較差が激しく、冬季は低温で山間部は積雪量が多いため、森吉地域、阿仁地域は特別豪雪地帯に指定されており、県立自然公園に指定されている森吉山麓を中心に優れた自然景観や清流に恵まれています。

米代川

JA概要

【令和2年3月末現在】
正組合員(法人含む) 5,548人
准組合員       2,981人
正組合員戸数     5,272戸
准組合員戸数     2,105戸


事業量【令和2年3月末現在】
貯金        54,056,897千円
貸出金       4,805,657千円

長期共済保有高 203,359,638千円

販売高       3,525,600千円
(うち米)     2,388,570千円
(うち野菜)     266,885千円
(うち畜産物)    728,830千円

購買品供給高    2,591,768千円